学校・クラブNEWS 詳細

掲載日:2019.07.23

オーストラリア夏季海外研修1日目

オーストラリア夏季海外研修が始まりました。
毎年夏休みを利用して、中学2年生から高校2年生までの希望者が参加しています。
2週間の間、オーストラリアでホームステイをしながら、現地の学校に通います。
現地からの報告です。
 
******************************************************
 
参加者10人全員が元気にシドニー国際空港に到着しました。
現地の気温は22度と冬のシドニーにしてはとても暖かく、コートも要らずに過ごすことが出来ました。
本日はシドニー市内観光をしてから学校のあるWollongonに向かいました。
 
現地コーディネーターのヒロミさん、アキコさんに案内してもらい、まずはバスでMrs. Macquaries’s Chairに向かいました。ハーバーブリッジやオペラハウスが見渡せる絶景のスポットで、イギリスから移住してきたMrs. Macquaireもかつてこの場所で故郷に思いを馳せていたそうです。
 
それからSt. Mary Cathedralへバスで移動しました。カトリックの厳かな雰囲気の中、一つ一つの説明を興味深く見ていました。その後、シドニー植物園でローストビーフサンドを頬張りました。皆さんお腹がすいていたようであっという間に間食していました。隣のオペラハウスでは階段を全速力で駆け上がり、とても元気な姿が見られました。
 
そこからサーキュレーターキーまで歩き、途中アイスクリームを買う生徒も。緊張しながら話した英語はうまく通じたようです。
 
最後の市内観光はChinatownです。モールになっており、自由行動でした。大きなマンゴージュースやタピオカを頼んでみたり、全員が英語を使うことが出来たようです。
そこから1時間30分ほどかけて、学校のあるWollongongへ向かいました。よほど疲れていたのか、バスの中では熟睡でした。
学校を目の前にすると、ホストファミリーとの対面でみなさんとても緊張していました。
1人ずつホストファミリーが紹介され、緊張と笑顔で各家庭の元へ行きました。
 
さて、明日からいよいよ語学研修が始まります。ゆっくり休んで明日に備えてくださいね。