学校・クラブNEWS 詳細

掲載日:2016.03.24

ニュージーランドターム留学レポート(3/24)

NZターム留学レポート 8

最後の訪問校はAucklandにあるSt Dominic’s Collegeです。
首都ではないですが、国内の人口の3分の1がオークランドに集中し、
NZ最大の都市です。ハーバーには大きな客船やコンテナ船に加え、
個人所有のヨットやボートが数多く並び、City of Sailsの愛称を持つほどです。
近年は人 口増加と時価が高騰、交通渋滞が深刻な問題になっています。
St Dominic’s Collegeはyear 7~year 13の生徒が通うミッション系の女子校です。
4人の生徒がこの学校を選び、他の日本人の留学生も多く在籍しています。
都会の学校なので他校のようなのんびりした雰囲気はないですが、
日本にいたときよりはシンプルな生活を送っているようです。
「数学が難しい」とのコメントに驚きました。
他の3校に通う生徒たちは、帯分数・仮分数、線対称・点対称など小学校で習得済みの
内容をこちらでは電卓使用で解いている、数学ではなく算数、と言っていました。
しかしStDominic’sでは「箱ひげ図」など統計学的な事や、式の説明まで要求され、
計算が合っているだけでは不十分で難しい、とのことです。
英語が上達した実感がないようでしたが、学校の先生から時間割変更の説明を受けたり、
Kiwiの友達と週末に会う約束をしたり、航空会社に電話して帰国の荷物の重量の相談をしたり、
全て英語でやっているのです。出発前に掲げた目標は生徒それぞれです。
この留学経験を生かし、身につけた英語力を更に向上させていくことが帰国後の課題です。
明日からイースターホリデー、その後5日登校して、ターム留学は終了です。

imageimage

image