学校・クラブNEWS 詳細

掲載日:2019.06.17

KEIKA SDGs Program(KSP)活動報告

6月15日(土)に、KSPのメインプログラムとなる、
「かのや100チャレ」(首都圏の中高生が考える『鹿児島県鹿屋市が抱える100の課題』チャレンジ事業)
のキックオフ説明会を行いました。

 

「かのや100チャレ」の運営主体であるシーズプロデュース株式会社の代表取締役である柳生様から直接、鹿屋市が抱えるいくつもの問題と、生徒だからできる解決策についてお話いただきました。

 

 

 

また、昨年度「かのや100チャレ」で最優秀賞を受賞した京華中学・高等学校の生徒に、男子校での具体的な取り組みを発表してもらいました。鹿屋市の名産品も紹介され、その一つであるお茶を試飲しました。

 

「課題を特産品にする」という鹿屋市に色々刺激を受け、生徒は意気込みを新たにしていました。SDGsを学びつつ、地域の活性化にも貢献していきたいと思います。