校長ブログ 詳細

掲載日:2019.05.25

ボランティアって?

本日、中学EHDのボランティア体験に向けて、その導入として「ボランティア講演会」が行われました。

このプログラムは、文京区社会福祉協議会の方にご協力いただき、東洋大学と中央大学理工学部(いずれも文京区内の大学)でボランティア活動をされている大学生の方に、ご自身のボランティア体験とその意義、学んだことなどを自由に話していただくプログラムです。年齢も近い大学生の話なので、中1~中3の生徒たちはメモをとりながら熱心に聞き入っていました。

ボランティアとはいったい何なのか? いま、実際にどのようなボランティア活動が行われているのか? ということを「知ること」。そして、当事者意識をもって、自分にできることを「考えること」が今日の目的です。

これから、実際に、体験型ボランティアプログラムが始まりますが、今日の講演会で気づいたこと、学んだことを活かして、主体的に取り組んでほしいと思います。

最後に、学生の方が皆さんに送った言葉をもう一度皆さんに送ります。

「ボランティアは、考え方次第で、退屈な時間にも、楽しい時間にもなる」

この言葉は、ボランティアに限らず、皆さんの日常生活や学校生活にも当てはまる素晴らしいメッセージだと思います。

さぁ、まずは、家のお手伝いから始めましょうか!