校長ブログ 詳細

掲載日:2013.06.29

2 コロンビアからのお客様

6月26日コロンビアの教育使節団を受け入れました。
”Buenas dias(フ゛エノス テ゛ィアス)”
コロンビアからのお客様を迎えるにあたり
覚えたてのスペイン語であいさつをすると、
予想以上に元気な明るい返事がいただけました。
その温かさに、とても気持ちが楽になりました。
南米のいちばん北に位置するコロンビアは
面積は日本の3倍、人口は4600万人、資源が豊富な国です。
今回来校された方々は、みな私立学校の関係者で、
理事長先生や校長先生。
来日する前は、北京や上海、マカオ、香港などをまわって来られたとのこと。
日本の教育に対する興味関心は高く
かなりつっこんだ質問がありました。
校内見学では、
中学1年生と3年生の英語授業
(コロンビアでも英語教育をしているため、みなさん興味津々)
理科実験教室、講堂、図書室、和室、などを見ていただきました。
高校1年生のあるクラスでは、
ミニ交流会になりました。
コロンビアの先生から生徒に
「何のために大学へ行くのか?」
などの鋭い質問があったり、
日本語の歌が聴きたいとのご要望に応えて
校歌をクラス全員で歌ったりと
和やかな交流ができました。
最後には、職員室にいた本校教員と
視察団の方々との記念写真を撮りました。
たった2時間でしたが素敵な国際交流ができました。