一緒に、芝居を造ろう

私たちの上演作品は、主に同じ年代の行動をテーマにする芝居を造ります。そのため、オリジナル作品がほとんどです。部員と顧問の先生と一緒に自分たちの“思い”をぶつけあい、作品にしていきます。『ちょっと高校生』は援助交際の仲介をしてお金もうけをする女の子の話し。『いのち〜ヌチドゥティーチ(命はひとつ)〜』は、太平洋戦争の沖縄・ひめゆり部隊の実際を直視した話し。『STARDUST PARADISE〜私たちはいらない人間ですか〜』は覚醒剤におぼれていく少女と家族の話し、『Midnight Angels〜真夜中の少女たち〜』は、家出する若者たちと、彼らを救う人たちの話し。これら、私たちが造る作品の基本は、“命の大切さ”です。自分たちが知らない世界を調べ、そこで生きた人々を演じると、自分の考え方が変わってきます。一回り自分が大きくなります。
しかし、ギャグ満載の芝居、ほとんどダンスと歌だけの芝居なども演じます。何が飛びだしてくるか分からないのが、「京華演劇」の楽しさです。
あなたも、あなたの演じたい芝居を一緒につくりましょう!