速報&質問コーナー2019.3.8

【2018年】

俳優座劇場、出演、決定!

 俳優座劇場公演が決定いたしました。
 日時は、4月1日(月)16:30開場、17:00開演です。

 今回は、なんと新作です!
 作品は、伊藤弘成作『イット~その夜をとめて~』です。
 現在、いや、以前から話題になっている題材を扱います。
 人間がやってはいけないことを訴えます。そして、虐げられてきた人が未来をつくっていくのだ!と、強くテーマを打ち出します。
 細かい内容は、初演ですのでお話できません…というより、台本が、まだまだ未完成なのです。部員と先生が意見を出しあい、つねに内容は変わっていきます。これが、京華演劇の芝居づくりなのです。この、ゼロから物語をつくる苦しみが、いつか喜びになるように、真剣勝負の稽古が続いています。
 どうぞ、新しい「京華演劇」にご期待ください。心よりお待ちしております!


奨励賞をいただきました。

第72回東京都高等学校演劇発表会・中央地区大会にて、「奨励賞」を頂きました。ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。今後の活動の大きな励みとなります。皆さんのお言葉を胸に、さらに良い芝居をご覧頂こうと思います。今後とも、変わらぬご支援のほどをお願い申しあげます。ここで、皆様からのお言葉を審査員の先生とアンケートから、ご紹介いたします。今回の作品は、太平洋戦争の沖縄戦を題材にしています。

(審査員の先生から)
「とても良かった。観客として堪能し、感激した」
「完成度が高かった」
「テンポが良かった」
「ゆっくり、おおらかな話し方は、時代を感じさせてくれた」
「戦争は狂気であり、おろかなことである。こういことを忘れてはいかない、と思わせてくれた」
「この劇を観た保護者はショックを受けたかもしれない」

(アンケートから、本文のまま)
「力作です。沖縄戦争の悲しみを高校生がここまでのレベルで演じられる作品に出会えてうれしいです。もっと多くの方々に観てもられる様に強く希望します」
「本当に胸が痛くなる作品でした。改めて戦争の悲惨さと今の平和の有り難さを感じました」
「「みんなが一丸となって全体でこの劇を作り上げている感じがした」
「言葉がでない」
「死という意味を改めて考えることができ、涙がでそうになりました」
「周りの高校生が、みんな、鼻をすすって涙をふいていました」
「演出、演技がすばらしかった」
「本当に感動させられました。すばらしかったです」
「高校生というより劇団の公演を見ているようでした」
「圧感…すごい」
「すごく感動しました。戦争の怖さというものがすごく伝わってきた劇でした」





地区大会にいらしてください。

10月8日(祝)午前11時50分から、今年度の東京都高等学校演劇発表会・中央地区大会が「駒込高校」(地下鉄南北線・本駒込駅より徒歩5分)にて開催されます。作品は、伊藤弘成作『いのち~ヌチドゥティーチ~』です。私たちのオリジナル作品であり、何度も多くの大会にご招請を頂いて上演させていただいている作品です。今回は、本作品をさらにグレードアップして上演いたします。無料で、どなたでもご覧いただけます。ぜひ、ご来場ください。

児童館、小学校公演、大好評!

6月16日(土)に台東区・今戸児童館、翌日、江東区・第三松江小学校にての、「カレーライス物語」公演が終了しました。2公演とも、多くの子供たち、大人の方々にご観劇頂きました。とくに、児童館では、75分の劇を、体育座りのまま、くい入るように見てくれた幼い2人の小さな背中が嬉しかったです。その姿を見ると54回も公演してきても、また公演したい、と思いました。子供の心をとらえるのは至難です。しかし、懸命に芝居の心を伝えようとする姿勢があれば、心は必ず通じます。これからも、その演じ方を続けていきたいと、強く思いました。そして、小学校では、「さあ、みんなも歌いましょう」と客席に歌をふると、大きな声でアンパンマンの歌をうたってくれたことも、嬉しい思い出になりました。人と繋がることに幸せを感じました。また、良い芝居を造ろう、と新たに決意をした公演でした。


アンケートを頂きました。
以下は、俳優座劇場公演で頂いた多くのアンケートの内容です。本校への観客の方々のありがたいお言葉です。その一部を原文のままご紹介いたします。
 

以下は、俳優座劇場公演で頂いた多くのアンケートの内容です。本校への観客の方々のありがたいお言葉です。その一部を原文のままご紹介いたします。

「京華さんの作品は、いつもおどろきがいっぱいつまっていて、いいなぁ。また、みたいと思わせてくれます!ありがとうございました。」(16歳・女子)

「これから先の人生で、どんな人と出会い、向き合っていくのか。高校3年生になった今、大学受験が終わってからの生活に、(芝居を観て)以前より不安になりました。と、同時に、常に色々な事を考えながら生活していくことが大事なんだなぁ、と思いました。この作品を観てからです。」(17歳・女子)

「言葉が出ないほど感銘をうけました。」(17歳・男子)

「役者さんの表現力の高さに驚きました。台詞回しはもちろん、表情一つ一つの身体表現まで、どれもレベルが高く素晴らしかったです。」(16歳・男子)

「鳥肌が立ちました…」(18歳・女子)

「70分間、本当にあっというまでした。すばらしい劇をありがとうございました!!」(16歳・女子)

ご来場の皆様に感謝申しあげます。


鳴り止まない拍手、ありがとうございました。

4月2日、私たちは、俳優座劇場において、名作『ブンナよ、木からおりてこい』を上演させて頂きました。蛙の世界から見る生きることに大切さを全力で演じさせて頂きました。ラストの遠い輝く町並みに向かっていく蛙たちの姿に、新しい解釈、演出として高く評価されたのは嬉しい限りです。そして、鳴り止まない拍手、カーテンコールをさせて頂いたあとも、大きな拍手はやみません。公演させて頂いた我々にとっては、このうえない名誉であります。観客の皆様には、心より御礼を申しあげます。ありがとうございました。私たちは、さらなる高見を求めて芝居づくりに励みます。変わらぬ、ご支援のほどお願い申しあげます。



俳優座劇場公演のお知らせ

「第26回はいすくーる・ドラマ・すぺしゃる」にて、本校の公演の日時が決まりました。4月2日(月)16:30開場、17:00開演です。作品は、水上勉・作、小松幹生・脚本、伊藤弘成・潤色『ブンナよ、木からおりてこい』です。本作品は、演劇史のなかでも名作中の名作です。椎の木のてっぺんに登った蛙をめぐって展開される動物たちの葛藤の物語です。時にはシビアに、時にはユーモラスにストーリーは進み、生命の賛歌を醸しだします。部員、全力で、この大作に挑戦します。ぜひ、ご来場ください。お待ちしております。

中学校公演に大きな拍手!

11月28日(火)、北区立十条富士見中学において、「薬物乱用防止教室」として、オリジナル作品「スターダストパラダイス~私たちはいらない人間ですか~」を上演いたしました。全校生徒450名を前に全力を尽くし演じました。終演には、大きな拍手を頂き、男子生徒から「泣いちゃいました」と暖かいコメントを頂きました。本校の芝居づくりは、社会活動に貢献できるのが、ひとつの目標です。それが、かなえて頂き感謝にたえません。今後も私たちの芝居がお役にたてるよう、真摯に芝居づくりをおこなっていきます。ご支援のほど、お願いもうしあげます。

中学校公演、決まる。

地区大会のご報告でも申しあげましたように、北区保護司会の方々のご推薦により、伊藤弘成作『スターダストパラダイス~私たちはいらない人間ですか~』を、北区立十条富士見中学校にて、11月28日(火)、公演させていただきます。一般の方はご覧いただけませんが、私たちの作品が教育に値する、とご評価をいただくことは嬉しいです。しっかり演じます。

京華学園120周年を迎える。

本学園は、今年で創立120周年を迎えます。これもひとえに皆様のご支援のおかげです。心より感謝いたします。

本部も、その祭典で寸劇とダンスをご披露させていただくことになりました。11月13日の開催です。劇場は5000名収容の有楽町にある『東京フォーラムA』です。当日は、本校全生徒と保護者の方々、教職員で満席となる予定です。緊張の公演ですが、全力投球です。

京華祭公演にいらしてください。

10月28日(土)13時10分より、29日(日)13時30分より、京華祭で公演をいたします。上演作品は、伊藤弘成作『スターダストパラダイス~私たちはいらない人間ですか~』です。地区大会と同じ演目ですが、劇場が異なりますので、新しい演出でご覧けます。当日は、混雑が予想されます。ご容赦ください。
尚、入場方法ですが、本校はチケット制です。受験生の方は、チケットがなくてもご入場できますが、チケットのない方はご入場できません。詳細は、本校にお問い合わせください。

地区大会が終わりました。

10月9日、本年度は地区大会が終わりました。公演には多くの観客にご来場いただき感謝しています。ありがとうございました。上演作品は、伊藤弘成作『スターダストパラダイス~私たちはいらない人間ですか~』です。覚せい剤の恐ろしさと家族の愛情を描いた作品です。大きな拍手をいただきました。
そして、ご覧頂いていた北区保護司会の方から、作品内容が中学生の教育に最適として、北区立中学校での公演が決まりました。私たちの芝居が、社会にお役立てることが何よりの喜びです。今後も、この本部の方針としていきます。

児童館公演、50回を超す!

6月24日、北区立桐ケ丘児童館の公演にて、私たちの親と子のためのミュージカル「カレーライス物語」は、50回公演という快挙を成し遂げました。そして、7月1日には、台東区立千束児童館にて51回への新たな一歩を歩み始めました。

本公演は、役者である新入生と先輩の個性に合わせ、毎回、作りなおしてまいりました。つまり、50回を超えるということは、50の演出があり、50の構成がある、ということです。よくぞここまで続けてくださったと、OGの先輩たちとご支援いただいた児童館の方々には感謝にたえません。ありがとうございました。

公演が終わったあと、片づけをしていると、小学4年生くらいの女の子が部員に、恥ずかしそうに「とても良かったです。楽しかったです」と言ってくれました。この女の子の心を揺るがせただけでも、公演した価値はあります。永く続けていこうと覚悟した瞬間でした。さぁ、また良い芝居をつくります。ご期待ください!

児童館公演の日程が決まりました。

 
毎年、公演させていただいている親と子のためのミュージカル「カレーライス物語」の公演日程をお知らせします。
◎6月24日(土) 桐ヶ丘児童館 開演15:30~
            住所・北区志茂1-16-29-102 ℡03(3906)7763
◎7月1日(土)  千束児童館  開演15:15~ 
            住所・台東区千束3-20-6           ℡03(3874)1714

ぜひ、ご来場ください。
 
俳優座劇場公演、ご好評を頂きました。
 
4月1日(土) 「第25回はいすくるドラマすぺしゃる」にての公演は、大きな拍手に包まれ終演しました。満席のお客様には、深く感謝いたします。
今回は社会問題ではなく、ノスタルジックをテーマにしたコメディタッチの作品でした。今までとは違う京華演劇をお客様にご堪能いただいようで、嬉しく思います。さらに、開催25周年にもなり、公演に参加させていただいたことも、大きな喜びでした。これも、本校を支えていただいている皆様のおかげです、本当にありがとうございました。
今後とも変わらぬご支援のほどお願い申しあげます。


最優秀賞を頂きました!
 
 12月26日、27日、本校にて開催されました東京私立中学高等学校協会主催「第58回東京私立中学高等学校演劇発表会」において、最優秀賞(米本一夫賞)をいただきました。
 作品は、動物の殺処分をモチーフにし、「生命の大切さ」を訴えた伊藤弘成作『ドリームボックス~柵の向こうの天使たち』です。朝9時30分からの上演にもかかわらず、客席は満席となり、大きな、暖かい拍手をいただきました。
 私たちは、この1年、本作品を上演しつづけてまいりましたが、公演ごとに内容が変わり、稽古も厳しくなり、大変苦労して取り組んできた作品です。それを、皆様のご支援のおかげで、大きな賞をいただき感謝にたえません。この誉れを胸に、さらに「京華演劇」をレベルアップしていきます。
 次回の俳優座劇場公演もご期待ください。皆様、ありがとうございました。



俳優座劇場、出演、決定!

俳優座劇場にて開催される「第25回はいすくーる・ドラマ・すぺしゃる」に、出場が決定いたしました。とても嬉しいです。

日時
2017年4月1日(土) 16:30 開場  17:00 開演

作品は、まだ未定ですが、「京華演劇」の本領をご覧頂けるよう全力を尽くします。ぜひ、ご来場ください。

なお、公演は有料ですが、俳優座劇場入り口の「京華学園受付」に来ていただき「京華を観に来た」とご申告いただければ、ご招待させていただきます。公演は自由席です。なお、当日は混み合いますので、お早いご来場をお願い申し上げます。ご期待ください。

私学大会に出場します!

5年ぶりに東京私立中学高等学校協会主催「第18回TOKYO、ドラマフェスタ~第58回東京私立中学高等学校演劇発表会~」に出場します。

日時
 12月27日(火)9:15 開場 9:30 開演

会場は、本校講堂です。

作品は、伊藤弘成作『ドリームボックス~柵の向こうの天使たち~』です。物語は家族の存在の大きさを知る内容でが、その家族とは…です。

入場は無料です。ご来場、心よりお待ちしております。


文化祭公演に300名の方がいらっしゃいました。

10月22日、23日に開催されました本校文化祭公演には、約300名の方々にご来場いただきました。自分たちが知らない身近な問題を扱った作品に、大きなご評価をいただき、鳴りやまない拍手を頂きました。私たちの苦労が溶ける瞬間です。ご支援、ありがとうございます。

「京華演劇」が皆さんのご支援に支えられいることが良くわかります。ぜひ、これからも宜しくお願い申しあげます。

地区大会が終わりました。

10月8日、晴海総合高校で開催されました「東京都高等学校演劇コンクール」が無事、終了いたしました。朝9時からの開演にもかかわらず多くの方々のご覧いただき感謝にたえません。

アンケートには「自分たちの知らない世界を知ることができました」「抜群の演技力です」と暖かいお言葉をいただきました。これらの温かいお言葉を支えに、また、良い芝居を創っていきます。
今後ともご支援のほど、どうぞよろしくお願いいたします。



クラブ体験会をおこないます!

今週の土曜日に、クラブ体験会をおこないます!
小学生の方でも、中学生の方でもかまいません。
本校の演劇部の雰囲気を味わうことができる機会となっております。
少しでも気になる方がいらっしゃいましたら、ぜひお越しください。

日時:10月29日(土)13:30~
場所:京華女子中学高等学校
(動きやすい服装でお越し下さい)

京華の愉快な仲間達が、みなさんをお待ちしております!


文化祭公演、いらして下さい!
 
本校の文化祭(京華祭)での公演は、ひさしぶりの新作を上演いたします。作品名は、伊藤弘成作『ドリームボックス~柵の向こうの天使たち~』です。ある社会問題をあつかった物語です。皆さんの身近でありながら、皆さんが知らない事実をあぶりだした作品です。ご覧になる方々に「自分も考えなきゃ」と思わせる作品です。ぜひ、ご来場頂き、「京華演劇」をご堪能下さい。
公演日時は   10月22日(土)13:10~
         10月23日(日)13:30~
です。当日は、混雑が予定されますので、お早めにご来校下さい。心よりお待ちしております。
※小学生・中学生・高校生の方、受験生及び保護者は、入り口にて「演劇を観にきました」とご申告頂き、ご署名を頂ければご入場頂けます。


クラブ体験、お待ちしています!
 
9月3日(土)午後1時30分よりクラブ体験を行います。ご予約は必要ありません。クラブ体験は、本校の演劇部の楽しさを実感していただく催しです。日常から離れてワクワクするハッピーな時間をおすごし下さい。部員全員、心よりお待ちしておりまます。尚、お手数ですが、体操着など気軽に動ける服と運動靴をご持参下さい。お会いできる瞬間を、楽しみしています。


児童館公演、大好評!
 
6月18日、15日の開催されました児童館公演には、なんと約200名の親子さんのご観劇を頂きました。アンケートの頂き、「うた、だんすじょうずだった」(5才・男子)、「すごくおもしろかった」(6才・女子)、「おもしろかった」(4才、女子)「ぜんぶ、おもしろかった」(6才・女子)、「高校生とは思えないクオリティに驚きました!体力に本当に脱帽です!」(保護者の方)「ミュージカル初観らんの娘も真剣に観ていました。途中、何度か子供の好きな曲が組まれていたのが大変良かったと思います。また、機会がありましたら観らんしたいと思います」(保護者の方)と、嬉しいご意見をたくさん頂きました。演じて良かった、としみじみ思います。厳しい稽古の辛さも忘れました。皆さん、ありがとうございました。
そして、親と子のためのミュージカル『カレーライス物語』公演は、もう50回をすぎようとしております。こんなに永く公演もできましたのもご支援頂く皆様のおかげです。感謝にたえません。今後も皆様に、観て良かった、と感じて頂ける芝居を演じ続けます。ご期待下さい!


児童館公演、決定。
 
本年度の児童館公演は、以下に決まりました。演目は、親と子のためのミュージカル『カレーライス物語』です。今年も小さな手からわき上がる大きな拍手を頂けるよう、懸命に芝居を演じます。ぜひ、ご来場下さい。お待ちしております。
 
6月18日(土台東区立谷中児童館
台東区谷中5-6-5 ℡03(3824)4043
(最寄り駅・千駄木、日暮里、徒歩10分) 開演15:30
 
6月25日(土) 台東区立寿児童館 
台東区寿1-4-5 ℡03(3844)8602
(最寄り駅・田原町、蔵前、徒歩10分 ) 開演15:30


今年度の予定


①6月18日 児童館公演
②6月25日 児童館公演
③7月16日、17日 中学私学大会
④9月下旬 東京都高等学校演劇大会・地区大会
⑤10月22日 文化祭公演
⑥10月23日 文化祭公演
⑦12月26日、27日 高校私学大会
⑧4月1日 俳優座劇場公演

アンケートから。
 
俳優座劇場公演『ドリームボックス』への感想文です。本演劇部の生き方を適格に表現していただきました。原文のまま、全文を掲載させていただきます。感謝です。
「役者、音響、照明、舞台装置、演出…舞台上の至る点がものすごく勉強になりました。観ていて息が苦しくなりました。役者の基礎力、演技力もさることながら、あの量の舞台装置をさばく力は凄まじいいなぁ…と舞台監督の視点から思いました。役者の視点としては、言葉が明瞭に、かつ、頭でなく心に染みてくる台詞の喋り方、転換から演技まで一挙一動が美しい身体の使い方…役者の方が舞台でひとつ動く度に、言葉が発する度に、それぞれが全て、この空間にじんわり溶けていくような不思議な感覚になりました。白色を基調とした舞台装置も、あお緑のあかりに映えて素敵でした。犬や猫が保健所で殺処分されている事実は知っていたけれど、そこにいる人間が感じる葛藤や人間の残酷さについて、ここまで考えたことななかったので、自分の中でひとつの大きな大切なものがずっしりと生まれた気がします。素敵な舞台をありがとうございました」(高校3年・女子)


俳優座劇場公演、大成功!
 
 3月28日に俳優座劇場にて公演されました、初演、伊藤弘成作『ドリームボックス~柵の向こうの天使たち』は、大成功のうちに幕がおりました。
 2015年でも、13万頭もの犬猫が、飼い主の身勝手な理由で殺処分されています。今回は、その生命を守る人々の戦いの物語でした。その重い題材を斬新な演出と小気味良い演技で表現し、満席の劇場から大きな拍手をいただきました。そして、「犬猫の殺処分を知り、深く考えさせられました」というご感想を多くいただき、私たちの目標のひとつが皆様に伝わり感謝です。
 見えないところで、生命は失われているのです。近いから分からないのです。皆さんも、家族である犬猫を一生面倒見てあげて下さい。
 ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。またのご支援、お願い申し上げます。


俳優座劇場公演は新作です
 
今年度も、俳優座劇場公演をさせて頂けることになりました。

3月28日(月)17時開演の俳優座劇公演は、「新作」を上演します。ひさしぶりの新作で身が引き締まる思いです。物語は、公演までお待ち下さい。皆さんの身近にある存在の大切さを描きます。内容に驚かれると思います。
ぜひ、ご来場下さい!心よりお待ちしております!
 
アンケートを頂きました。
昨年、12月17日に公演させていただいた北区立王子中学校の皆さんから、アンケートをたくさん頂きました。ありがとうございます。その中の一つをご紹介いたします。
アンケートを読ませていただき、京華演劇が演じてきたことは有意義だったことを再確認し、さらに良い芝居を創ろうと思っています。
文章は、中学1年生の女子生徒の方です。
『薬物がどれだけこわいものか改めて実感しました。自分はやらない、と思っていても、耐えきれないつらさがあったり、ふとしたきっかけから手をだしてしまうことがある、ということを知りました。そして、必要のない人なんていないことを学びました。どんな人でも誰かの願いでこの世に生まれてきた。どんなことがあっても、いじめで人を傷つけたり、薬物で自分を傷つけることは絶対してはいけないと、と思いました。また、自分のことだけでなく、人を思いやる大切さも知りました。どんなつらいことがあっても、自分を愛してくれる人がいる、ということをこの劇が教えてくれたように感じました。そして、今、生きている家族、友人と笑いあえることが、どれだけ幸せなことかを知ることができました。言葉にならないほど感動しました。これから一日一日を大切にすごしていきたいです。言葉だけではわからない大切なことを学ぶことができました。本当に、ありがとうございました』
 
600名の拍手を頂きました。
 
12月17日、北区立王子桜中学校において公演を行いました。作品は、伊藤弘成作『スターダストパラダイス2015~私たちはいらない人間ですか~』です。本校の公演で、最もご招請をいただく作品です。今回も中学校様からのご招請により公演させていただきました。生命の大切さ、いじめのひどさ、覚醒剤の怖さをテーマにした本芝居に、600名もの中学生の方々が、どう反応するのか不安でした。しかし、カーテンコールでは、大きな拍手を3度も頂き、私たちの「心」が伝わった、と確信しました。厳しい稽古の疲れもふっ飛びました。そして、これからも、必要とされない人間などいない、ということを訴えつづけていこうと思いました。今後とも、京華演劇にご期待下さい。

速報!12月17日、公演。
 本年、4月に俳優座劇場にて公演させていただきました作品、伊藤弘成作『スーダス ト パラダイス~私たちはいらない人間ですか~』をご覧になった東京都北区保護司会の方々から公演をご招請を頂き、北区立の中学校で公演いたします。
 学校行事のひとつとして公演させていただくのは初めてです。600名もの方々がご覧になります。生徒は緊張しながらも、公演させていただくことを楽しみにしております。
 詳細は、決まり次第お知らせいたします。
 (なお、開演は14時を予定しております。)
 
 
クラブ体験、いらして下さい。
 10月31日(土)、13時30分より、クラブ体験を行います。「京華演劇」の楽しさをご実感下さい。
 お申し込みは、本校にお電話でお申し込み下さい。ご予約がなくてもご参加できす。お待ちしております。
 なお、身体を動かしやすいご服装をご用意ください。
 みなさまのご参加を、心よりお待ちしております。
 
 
文化祭公演、のお誘い。
 10月24日(金)は13時10分~、10月25日(土)13時30分~
 
京華祭では、本校講堂にて公演を行います。作品は、地区大会で演じました伊藤弘成作『SAKHALIN』です。
 受験生の方は、本校入り口にてご署名をいただければご入場いただけます。
 一般の方で本演劇部の観劇をご希望の方は、演劇部顧問・山岡がご対応させていただきます。
 例年、多くの方々にご来場いただいております。お早めのご来場をお願い申しあげます。
 
 
地区奨励賞をいただきました。
 9月23日、東京都高校演劇・中央地区発表会(於・都立向丘高校)にて、地区奨励賞をいただきました。大勢の観客の方々にご来場いただき、ありがとうございました。
 終演後、拍手を頂き、舞台上の撤収が終わり役者が礼をすると、再び拍手をいただきました。
 そして、アンケートには
ただただ衝撃を受けました。戦争を扱ったものというのは、これまで何となく避けてしまってきていたのだ、ということを実感させていただきました。皆さんの真に迫る演技はとても心に残りました。とても勉強になりました。ありがとうございました。
とても感動しました。戦争を題材したものは、とても当時の様子をリアルに伝えてきていて、とても心に残り、戦争について考えさせられました。
圧巻でした。誰も高校生に見えなかった。感動しました。
すごく悲しくなった。人がどんどん自殺していくのを見てこわかった。家族をのこして死んでいくのは残酷でした。演技もうまいのでリアルで、最後らへんは泣きました。戦争はやっぱりダメです。今、戦争をしてもいい(安保?)を、とめようとしているがダメです。こんな過ちを再びおかしてはダメだと改めて思いました」(すべて原文のまま)
と、お言葉をいただきました。
 私たちの主張を考えていただける方々がいらっしゃるだけで、今回の公演の目的は達成されました。私たちは、この為に京華演劇を演じているんだぁ、と実感しました。
 今後とも、ご支援のほどをお願い申しあげます。


地区大会にいらして下さい。
 
本年度の地区大会の日時が決定いたしました。
9月23日(水)15:55~、都立向丘高校です。(南北線・本駒込から徒歩5分)
作品は、伊藤弘成作『SAKHALIN(サハリン)』です。現在の世の中の動向をみて、公演しなくてはならない、と決意し作品に挑みます。ぜひ、ご来場いただき、何故、いま上演しなくてはならないのか、一緒に考えてください。
大それた考えだと思いますが、決して傲っているわけではありません。私たちは私たちの思いを「声」にさせて頂きたいのです。心より、お待ちしております。


クラブ体験を行います
 9月5日(土)クラブ体験を行います。お電話によるご予約が必要ですが、当日、ご来校いただいて結構です。楽しいゲームやエチュードをしますので動きやすい服装をご持参下さい。「京華演劇」をエンジョイしましょう。
 
 
児童館公演、45回を越えました。
 永年、公演してまいりました児童館公演も、今回で45回をこえました。これは、45種類の台本、45種類の演出がある、ということです。幸い、多くの児童館の方々からご招請を頂き、子供達の喜ぶ顔のおかげで、ここまでやってこられました。ありがとうございます。さらに、しっかり公演をつづけていかなくては、と強く思います。今年は、6月20日の、北区立・赤羽西五丁目児童館、27日に、台東区立・池之端児童会で公演させた頂きました。2公演とも、小雨降る天候でしたが、大勢の子供達が集まって頂きました。演目は、親と子のためのミュージカル『カレーライス物語』です。1時間15分の公演ですが、誰ひとりも帰る子供はなく、くいいるように公演を観てくれました。それを励みに、部員は思いっきり踊ります。公演後、汗だくの役者は、アーチをつくり子供達に御礼を言います。その子供達の笑顔に苦しかった稽古も忘れます。また、来年も、この笑顔に会おう、と思う部員たちでした。
 
 
スタンディングオベーションを頂きました。
 4月1日、「第23回はいすくる・ドラマ・すぺしゃる」が俳優座劇場で開催されました。本校は、伊藤弘成作『スターダストパラダイス2015~私たちはいらない人間ですか~』を上演いたしました。本オリジナル作品は、本部が最も多くの劇場、最も多くの観客の方々に観て頂いた作品です。公演ごとに、その時代にあうように台詞、演出をかえ、つねに最高のレベルを目指して公演してまいりました。客席は満席。部員のテンションもマックスです。今回も、全身全霊をかけて公演いたしました。カーテンコールでは、なんと観客の方々からスタンディンオベーションを頂きました。これに勝る光栄はありません。部員の苦労も報われ、ともに、充実感に満たされた瞬間でもありました。そして、公演をご覧いただいた北区の方々から招請公演のご依頼も頂きました。ありがたいかぎりです。私たちの芝居が、世の中の役たつ、と三認められるのは、さらに嬉しいことです。今後の公演をご期待下さい。


俳優座劇場公演のお知らせ。
 
今年も、俳優座劇場様(港区・六本木)のご招請を頂き「第23回はいすくーる・ドラマ・すぺしゃる」にて公演をさせていただきます。日時は、4月1日(水)18時開場、18時30分開演となります。作品は、伊藤弘成作『スターダストパラダイス2015~私たちはいらない人間ですか~』です、本作品は、本校がもっとも多く公演した作品です。現在の若者の実情と生命の大切さを訴えた内容です。ご好評を頂き、地方でも何度も公演させていただきました。演出は、公演の時期によって変えてまいました。本作品は今回が最後の公演となる予定です。ぜひ、ご来場下さい。入場は、誠に心苦しいですが、有料(1000円・全席自由席)の当日券を、当日、劇場にてご購入下さい。当日は、多くの方がご来場いただくと予想されます。早めご来場をお願い申しあげます。では、お待ちしております。


今週の土曜日は、クラブ体験の日です。
 
11月22日(土)14時から本校講堂におきまして「クラブ体験」を行います。ご予約はいりません。動きやすい私服をご持参下さい。楽しい時間を過ごしましょう!お待ちしております!
東京都大会、第3位(演出賞)を頂きました。
 
昨日、11月9日、東京芸術劇場・シアターウェストにて開催されました「第68回東京都高等学校演劇コンクール中央大会」にて、優秀な演出に与えられる米本一夫賞(第3位)を受賞させていただきました。これも皆様の、熱いご支援のおかげと深く感謝いたします。ありがとうございました。
ここで、生徒審査員の講評の文章を原文のまま記載します。「スゴい!!すざまじい!!の言葉しかでないほどの衝撃をうけました。計算つくしたテンポ、ほとばしる情熱。まるで私が、あの時代の沖縄にタイムスリップしてしまったようでした。途中から震えが止まらず、目を覆いたくなってしましました。目をそらしてはいけない現実を改めて重くうけとめさせていただきました。音響のボリューム、本当に飛行機や爆弾が見えました。見ているのがつらく苦しくなりました。本当に、命を大切にしたいと思います。素晴らしい舞台でした。一生、忘れません。ありがとうございました。」(高校2年・女子)
私たちは、観客の皆様にメッセージを送ります。命をないがしろにする人々が多い、今のこの世の中に、小さながらも「生命の大切さ」を訴えてきました。今回のオリジナル作品伊藤弘成作『いのち』も、太平洋戦争における沖縄の「ひめゆり部隊」をモチーフにした芝居でした。私たちの思いが、生徒の皆様に伝わったことは、望外の喜びです。これからも、部員一同、せいいっぱい良い芝居をつくる努力をします。どうか、ご期待下さい。本当に、ありがとうございました。

東京都大会、チケットの購入について
 
中央大会のチケット入手は、以下のサイトでお願いします。勿論、無料です。お手数で申し訳ありません。本校は、11月9日、シアターウェストにて、11時15分から公演します。部員一同、心よりお待ちしております。
サイト http://tkek.org/
 
京華祭公演、大盛況!
 
10月25日、26日に開催されました「京華祭公演」は、大勢の観客の方々にご来場いただきまして。公演場所である講堂は、いっぱいになり、皆様の熱いご期待をうけ上演いたしました。衝撃的な内容、迫力ある演技で、幕が閉まるときは、拍手をいただけませんでしたが、カーテンコールでは、割れんばかりの拍手を頂きました。講堂の明かりが点いっても、拍手はつづきました。ありがとうございました。皆様の思いを胸に、東京都大会もさらにグレードアップした作品にします。ぜひ、ご来場下さい。

東京都大会の日時がきまりました。
 
曜日は、11月9日(日)、開演時間は11時15分です。場所は、「東京芸術劇場シアターウェスト」です。ケットの入手方法は、分かりしだいご報告いたします。今回は、要件まで、です。ご来場、心よりお待ちしております。
文化祭公演へのお誘い
 
本年度の「京華祭」公演は、10月26日(土)13:10~、27日(日)13:30~から本校、講堂で開催されます。11月に公演する東京都大会と同じ、伊藤弘成作『いのち~ヌチドーティーチ』です。戦争という、とてつもないテーマに、全力で挑戦します。
尚、27日(日)10:30~11:30には学園体育館にて戦場カメラマン・渡部陽一氏の学園主催の講演会があります。こちらもご期待下さい。

皆様のおかげをもちまして、東京都大会に出場させていただきことになりました。

9月23日(祝)、東京都教育委員会・東京都高等学校文化連盟主催「第68回東京都高等学校演劇コンクール・中央地区大会」において審査員の先生からご推薦を頂き、「東京都大会」に出場させていただくことになりました。今回で3年間、連続の出場をさせて頂くことになりました。これは、ひとえに本部をご支援いただく保護者の皆様、本学園の皆様、そして、本校を応援いただく多くの皆様のおかげであります。心より感謝いたします。東京都大会は、11月8日(土)、9日(日)のいずれか、「東京芸術劇場シアターウェスト」にて開催されます。日時は決定しだいお知らせいたします。ぜひ、東京都大会もご来場いただき、再びのご支援を頂きたくお願い申しあげます。ありがとうございました。

地区大会の日時決まりました。
 
本年度の東京都高等学校演劇発表会・中央地区大会の公演日時が決まりました。日時は、9月23日(祝)11時20分から都立向丘高校(南北線・本駒込徒歩5分)で開催されます。作品は伊藤弘成作『いのち~ヌチドゥーティーチ~』です。太平洋戦争時の沖縄戦を扱った作品です。現在、私たちが最も関心をもたなくてはいけない日本の未来を考える物語です。ぜひ、ご来場下さい。お待ちしています。

7月26日(土)に公演します。
 
「第41回東京私立中学演劇発表会」にて公演します。日時は、7月26日(土)、午前9時開演です。会場は本校講堂です。どなたでも入場できますので、ぜひ、ご来場下さい。大会には18校が参加しますので、本校は朝一番となりました。早い時間ですが、京華演劇をお楽しみ下さい。作品は溝口勲作・伊藤弘成潤色「チキンカレー」です。おばあさんと孫の交流を描いた心温まる物語です。ぜひ、ご期待下さい。お待ちしております。
 
 
カレーつくってもらうね」~小学校・児童館公演、大好評!
 
6月21日・浮間小学校、6月28日・志茂こども交流館でのミュージカル「カレーライス物語」公演が終わりました。公演終了後、幼稚園くらいの男の子が部員のところにに来て、「おかあさんに、カレーライスつくってもらうね」と言いました。私たちの芝居の内容が、この幼い子供の心に届いたのです。こんな嬉しいことはありません。私たちの芝居が人の心を動かしたのです。厳しい稽古を積んできたかいがありました。どの公演も、多くの子供達が集まってくださり。何度も拍手をくれました。これも嬉しかったです。芝居づくりとは高い山に登ることと同じです。仲間と助け合いながら山を登り、頂上に到達するのです。どれだけ苦労するかは人それぞれですが、頂上に登り詰めた感動は同じです。その部員の感動が熱い芝居となり、子供達に伝わったのでしょう。これからも、さらに、稽古、稽古です。ありがとうございました。


小学校・児童館公演の実現です。
 

本年度の初めての公演は、小学校公演から始まります。小学校公演は、児童館における本校の永年の公演が高いご評価を頂き、北区立・浮間児童館様のご共催、ご推薦を頂き公演が実現しました。親と子のためのミュージカル「カレーライス物語」がさらに多くの方々に観て頂けるのは嬉しい限りです。皆様のご期待にそえるよう全力で演じます。ぜひご来場下さい。日時は、以下の通りです。 
6月21日(土)14時50分開場15時開演 北区立・浮間小学校 (JR埼京線・北赤羽駅下車、徒歩7分) http://ns.kita-tky.ed.jp/~es30/ 
6月28日(土)14時50分開場15時開演 北区立・志茂こども交流館 (東京メトロ南北線・志茂駅下車、徒歩5分) http://www.city.kita.tokyo.jp/misc/jidoukan/j086/annai/annai.htm
 
です。心よりお待ちしております。


クラブ体験の日程、が決まりました。

 
毎回、ご好評を頂いております。「クラブ体験」の日程が決まりました。京華演劇の楽しさをご体験下さい。体験は、本校にお電話(03-3946-4434)していただく予約制ですが、当日に来ていただいても結構です。ぜひ、お待ちしております。

日時 第1回・9月6日(土) 14:00~15:30  

第2回・11月22日(土)14:00~15:30

鳴りやまない拍手~俳優座公演、終わる。

4月1日(火)18時。俳優座劇場のロビーは、お客様であふれ、入りきれないお客様は道路まで並んでいただきました。本校の公演への期待をひしひしと感じ、席ひとつ空いていない劇場は熱気につつまれました。姉妹の葛藤の物語、伊藤弘成作『PS…I miss you』の開幕です。部員は、何百回、踊ったダンスを舞、何百回、語った台詞を言い、何百回、練習した場面展開を全力で演じました。部員からでる言葉は稽古での迫力を遙かにこえていました。そして、幕。拍手がカーテンコールの後も拍手が鳴りやません。ただ、お客様に感謝です。アンケートでは「今まで観た高校演劇で一番でした」「最後は涙があふれてとまりませんでした」「超一流の芝居でした」とお褒めのお言葉をたくさんいただきました。これも、ひとえに皆様のご支援のおかげです。深く御礼申しあげます。ありがとうございます。今年も演劇部は、お客様が喜んでいただける作品を造りつづけていきます。どうか、ご指導、ご鞭撻をお願い申しあげます。


俳優座劇場公演、開演時間変更のお知らせ

4月1日(火)俳優座公演の開演時間が、変更されました。18時開場、18時30分開演です。再度の変更、申しわけありません。上演作品は伊藤弘成作『PS…I miss you』です。現在の希薄な家族関係と姉妹の絆を描いた作品です。ぜひ、ご来場下さい。


俳優座公演の日時が決定しました。

2014年4月1日(火)18時開演です。例年とは開演時間が異なりますのでご注意下さい。詳細は、また、ご報告いたします。

2週間、4公演が終わりました。

今年の児童館公演は、2週間の間に4公演、行いました。本日(12月27日)に終了いたしました。どの公演も多くの子供達に来ていただき、感謝しております。公演は、「親と子のためのミュージル」ですので、ダンスあり、歌ありの楽しいお芝居です。嬉しいことに、65分の公演でホールをでていく子供達は1人、2人で、あとはくいいるように公演を観てくれました。時には劇への反応が大きくて役者の声が聞こえないくらいでした。児童館の職員の方々も「こんなに集中して観ている子供達は始めてです」とおっしゃっていただきました。それは、テーマを懸命に伝えようとする部員達の心が子供達に伝わったからだと思います。公演の御礼に子供達手作りのアクセサリー頂いたり、花束を贈られたり、部員一同、ハードなスケジュール、厳しい稽古に耐えた「誇り」を胸に刻みました。ご支援、ありがとうございました。


児童館公演、開演時間変更のお知らせ
 
12月25日(水)に開催されます桐ヶ丘児童館の開演時間が14時から15時に変更されました。ご注意下さい。


児童館公演をします。
 
今年もミュージカル公演を行います。楽しいお芝居です。ご来場下さい。以下は、日程と問い合わせ電話番号です。ご来場をお待ちします。
12月18日(水)北区・滝野川西児童館℡(3916)3224 3:30開演

http://www.city.kita.tokyo.jp/misc/jidoukan/j012/map/map.htm

12月21日(土)北区・袋児童館℡(3908)8561 2:00開演

http://www.city.kita.tokyo.jp/misc/jidoukan/j019/map/map.htm

12月25日(水)北区・桐ヶ丘児童館℡(3906)7763 2:00開演

http://www.city.kita.tokyo.jp/misc/jidoukan/j008/map/map.htm

12月27日(金)北区・西ヶ原東児童館℡(3949)1481 2:00開演

http://www.city.kita.tokyo.jp/misc/jidoukan/j024/map/map.htm

尚、俳優座劇場公演は、2014年4月1日に決定いたしました。詳細は、決まり次第、お知らせいたします。
11月17日(日)クラブ体験を行います。
 
京華演劇も楽しさをご実感下さい。予約制ですが、当日でも参加大歓迎です。お待ちしております。
 
都大会、優秀賞を頂きました。
 
11月9日に東京芸術劇場・シアターイ-ストで開催されました都大会では、「優秀賞」を頂きました。これも皆様のご支援のおかげと感謝しておりいます。アンケートでは「今までにこれほど感動した演劇を観たことがありません」「京華の芝居からは怒りが伝わります」「本当に高校生ですか。圧倒されました」と、多くのお褒めのお言葉を頂きました。稽古したかいがありました。さらに、稽古をいたします。今後も「京華演劇」ご期待下さい。

文化祭公演、観劇、ありがとうございました。
10月26日、27日に開催されました、「京華祭」にご来場、ありがとうございます。初日は、足下の悪い中、多くの方々にご来場頂きまして感謝いたします。2日は、晴天のおかげもありまして、校舎は満員電車のようでした。そのなか、演劇部の公演には、2日間で合わせて約400名のご覧頂き、嬉しい限りです。終演後には父兄の皆様から、「高校生とは思えない」「感動した」「熱い芝居ですね」とお褒めのお言葉を頂きました。今後の私たちの活動に大きな励みとなりました。次は11月9穂、東京都大会です。さらに良い芝居にします。ご期待下さい!

東京都大会の日時が決定しました。
 
東京都大会の公演日時が、決定しました。日時は11月9日(土)12時30分から上演開始です。ここで、ご注意頂きたいことがことがあります。本年度より、大会の会場が変わりました。「東京芸術劇場シアターイースト」(池袋駅西口5分)です。劇場は東京芸術劇場の地下にある、約270席の小劇場です。例年、大勢の方がいらっしゃいますので、以下の要領でチケットをご入手下さい。お手数で誠に申しわけありませんが、ご来場頂いても、入場できないではご迷惑をおかしますのでご寛容のほどお願い申しあげます。
チケットの入手方法は、都大会特設サイトhttp://totaikai2013.tkek.org/の予約方法をご覧になり入手をお願いします。10月20日(日)より受付開始を予定しています。
オリジナル作品、『SAKHALIN』…戦争の悲劇が忘れ去られようとするこの時代。再び、あの悲劇をむかえる予感がするこの時代。決して、許していけないことを、全力で訴えます。ぜひ、ご来場下さい。

文化祭公演にいらして下さい。
本学園にて本年度の文化祭が開催されます。作品は、11月に東京都大会にて公演する『SAKHALIN(サハリン)』です。当日は、入場をお待ちして頂くことになると思いますがお許し下さい。観てよかった、と思って頂けるよう全力をつくします。公演時間は、本校講堂(4F)にて
10月26日(土)13:10~、27日(日)13:30~からです。文化祭はチケット制ですので、チケットをお持ちでなければご入場できません。そこで、このページを印刷頂き、受付にご提示下さい。お手数ですが、お願い申しあげます。では、ご来場、お待ちしております。

クラブ体験にいらして下さい。
過日、9月16日に行う予定でしたクラブ体験は、多くの方々のご希望を頂きながら大型台風による荒天により、皆様の安全を考え、やむなく中止させて頂きました。誠にご迷惑をおかけいたしました。そこで、11月17日(日)10時から開催されますクラブ体験では、例年になく盛大に行いたいと計画しております。ぜひ、ご出席頂き、「京華演劇」の楽しさをご堪能ください。尚、本校へのご予約は必要ですが、当日にお申し出て頂いても結構です。ご来校、心よりお待ちしております。

ご支援を頂き、東京都大会にご推薦を頂きました。
9月23日に開催されました「東京都高等学校演劇コンクール地区大会」にて、昨年にひきつづき東京都大会にご推薦をいただきました。皆様のご支援のおかげでございます。感謝にたえません。戦争という重いテーマを部員は全力でぶつけました。今、皆さんと考えなくてはならないのは、将来の日本、生命の大切さです。怒りをもたなくてはいけない社会へ眼をむけなくてはなりません。それを、また、多くの方々に観て頂けるのは嬉しい限りです。公演の日時は、10月15日頃、お知らせいたします。ぜひ、ご来場下さい。心よりお待ちしております。


高校・地区大会のお知らせ

本年度の東京都高等学校地区大会の日程が決まりました。日時は9月23日(祝)、開演は18:10~、会場は「都立総合芸術高校」(新宿区・新宿曙橋駅下車5分)です。作品は伊藤弘成作『SAKHALIN(サハリン)』です。太平洋戦争の終戦後に樺太(サハリン)において現・ロシア連邦の侵攻によりおきた真岡(まおか)事件を描いたオリジナル作品です。この事件を現ロシア連邦は、戦後、長い間、隠し続けました。その真実を皆様にご覧いただき、終わらない戦争、近づきつつある未来の混沌をお知りいただければ幸いです。ぜひ、ご来場ください。

 

中学大会で、スタッフ賞をいただきました

6月21日に開催されました「私立中学演劇発表会」にて。本校は「スタッフの面で優れている」という評価をいただき特別賞を受賞いたしました。皆様のご支援のおかげです。ありがとうございました。

次回公演は、7月21日、午前9時
 
からです。次回は、「東京私立中学演劇発表会」です。7月21日(日)午前9時から、本校講堂にて行います。作品は、さねとうあきら作『べっかんこ鬼』です。ひょうきん者の鬼と目の見えない女の子との物語です。切なくも、暖かい物語です。ぜひ、ご来場下さい。お待ちしております。
 
文京区公演、大成功!
 
6月15日、文京シビック・小ホールにて上演いたしました「修学旅行」は、大成功のうちに終わりました。劇場には、約250名ほどお客様にご来場頂きました。斬新な演出とスピディーな展開に、観客の皆様は、笑い、ワクワクして下さいました。客電がつくまで鳴りやまない拍手に、お客様の気持ちがひしひしと伝わりました。アンケートには「平和について考えさせられた劇でした」「劇の中にひきこまれました」「話してない役者も演技をしていてすごいと思いました」「演出がとても魅力的でした」「平和への思いをこめた、見せる演技がすばらしかったです」「ずっと息つくまがなくひきこまれました」「本物の演劇を見せていただきました」などなど、ありがたいお言葉を頂きました。これからもさらに努力し、京華演劇を演じ続けたいと思います。ありがとうございました。

文京区公演が、新聞で記事になりました。
 
13日附け「読売新聞」「東京新聞」にて15日の本校の公演が紹介されました。「読売新聞」では「非核宣言30年で演劇会」、「東京新聞」では、「沖縄旅行の平和を考える~文京で15日・中高生らが演劇会」という見出しです。公演は、6月15日(土)、午前11時からです。予約不要、無料です。ぜひ、ご来場下さい。本校ならではの軽快な芝居をお楽しみ下さい。お待ちしております。

私立中学演劇発表会のお知らせ
 
 
7月14日(日)、及び、7月21日(日)、本年度の私学大会が開催されます。本校の出演日は、21日(日)9時よりを予定しています。作品はさねとうあきら作『べっかんこ鬼』です。哀愁ある作品を、京華がどう演ずるかご期待下さい。詳しいスケジュールは後日、お知らせします。会場は、本校です。ぜひ、ご予定下さい。お待ちしております。

急告!文京区公演(6月15日)開催!
 
ご連絡が大変遅れて申し訳ありません。文京区主催「文京区非核平和都市宣言30周年記念事業」のひとつとしてご招請を頂き、公演いたします。作品は畑澤聖悟・作『修学旅行』です。沖縄に修学旅行に行った高校生が、現在も起こりつつある戦争に気づく、という作品です。オリジナル作品が主の本校ですが、本作品は傑作ととらえ公演させていただきます。楽しいけれど胸にくる作品をご覧下さい。お待ちしております。
開催日時は、6月15日(土)午前11時開演(10時30分開場)、公演劇場は「文京シビック小ホール」(文京区春日1-16-21シビッツクセンター2F)です。申し込みは、5月30日(木)までに文京区総務課(℡03-5803-1139)にご連絡下さい。無料。300名、申し込み順となります。お早めにご連絡をお待ちします。
 
俳優座劇場、ご来場、ありがとうございました。
 
4月1日に開催されました俳優座公演も好評を頂き、満席になりました。今回は、楽しく、明るいお気持ちになっていただきたく、ハッピーな仕上がりにいたしました。ご来場、誠にありがとうございました。来年もご期待下さい。
俳優座劇場、演目が決まりました。
 
今回の演目は、寺山修司作『宝島』です。寺山作品のなかで、未公開の作品のひとつです。子供向けのミュージカルですが、それを寺山先生の美しい台詞を壊すことなく、京華演劇風にアレンジし上演させて頂きます。歌詞もとても素敵です。作曲は、プロのオペラ歌手でもある山浦ゆき子先生にご依頼いたしました。心が温まり、元気のでるお芝居です。振るってご来場下さい。お待ちしております。

俳優座公演、公演日時、決定!
 
本年度の俳優座劇場公演の日時が決まりました。
4月1日、17時開演です。作品は、未定ですが新たな京華演劇をお見せしたいと思っています。開演の
30分前にはご来場下さい。
有料公演ですが、当日、入り口の受付にて京華学園の受付にお聞きになり、学園受付の者に「京華を観に来ました」とご申告下さい。ご招待とさせて頂きます。ぜひ、ご来場下さい。

東京都大会、優良賞を頂きました。
 
11月4日、東京芸術劇場にて開催されました「第66回東京都高校演劇コンクール」、中央発表会(東京都大会)において「優良賞」を頂きました。
“鳥肌のたつような、圧倒的な芝居”と好評でした。客席では、涙を流して下さる方もいらっしゃり感無量です。私たちは、お客様にために演じてまいりました。このポリシーは変えません。これからも、観て良かった、というお言葉が聞ける芝居づくりをつづけてまいります。ご支援下さい。
次回は、4月1日、俳優座劇場公演です。ぜひ、ご来場下さい。

京華演劇についてのご質問を何でも顧問あてにお願いします。
下の封筒をクリックしてください。お待ちしております。

過去の速報へ