校長ブログ 詳細

掲載日:2021.04.07

令和3年度入学式

4月6日に、京華女子中学・高等学校の入学式が挙行されました。

今年の新入生は、中学生46名、高校生131名。感染防止対策を徹底し、保護者の方の参加も1家庭1名に限定して行いました。

新入生たちは、少し緊張している様子も見られましたが、とても希望に満ちた表情をしていました。

京華女子では、担任から一人ひとりの新入生の名前が読み上げられ、校長から新入生として認定されます。

新入生は、とても礼儀正しく、式辞を聞いている態度も素晴らしかったですね。

<校長式辞(後半抜粋)>

(前半省略)・・・・・・・

皆さんがこれから進んでいく未来は、様々なことが予想以上のスピードで変化していく社会になります。コロナ禍で、会社や学校のデジタル化が急速に進んだように、今まで必要であったものが必要でなくなり、新しい価値観の中で、新たな可能性を見出していくことが求められます。皆さんが社会に巣立っていくときには、学力はもちろん、変化の激しい社会の中で生き抜いていく「人間力」が、今まで以上に問われる時代になるでしょう。

少し難しい話になってしまいましたが、これから始まる学校生活の中で皆さんに心がけて欲しいことは、先ほど挙げた中学生のように、自分自身と向き合い、そして「物事の本質」や「これからの自分の生き方」について本気で考え抜いて欲しいということです。

京華女子の教育は、21世紀の社会を“自分らしく”生き抜いていける「賢い女性」の育成を目標としています。女子の特性を最大限に生かした探究型・体験型の授業や様々な行事を通して、生徒たちは人間力を磨いていきます。そして、自分の隠れた才能に気づき、知力を高め、視野を広げ、共感力をそなえた女性に成長していきます。

私たちと一緒に、自分の将来の生き方や、社会に貢献するための方法をじっくり考えながら、楽しく有意義な学校生活を送っていきましょう。これからの皆さんの活躍に大いに期待しています。

・・・・・・(後半省略)

校長式辞の後、教務部、進路指導部、生活指導部、中学1年・高校1年の担当の先生方の紹介をしました。

在校生代表の「歓迎の言葉」では、先輩としてとても温かいメッセージを送ってくれました。新入生もこのメッセージを聞いて、これから始まる学校生活への期待が大きく膨らんだのではないでしょうか。

新入生代表の「誓いの言葉」も素晴らしかったですね。京華女子の校訓である「清・慎・勤」と京華生の合言葉「ネバーダイ(決してあきらめない)」の精神にも触れ、新たな学校生活のスタートに向けて、大きな期待と強い意志が伝わってくるとても立派な宣言でした。

8日には始業式があり、9日~12日には新入生のオリエンテーションが行われます。

早く学校生活に慣れて、毎日楽しく学校に通ってほしいですね。

京華女子へようこそ!

皆さんの未来はここから始まります! 私たちと共に充実した学校生活をおくりましょう!