重要なお知らせ 詳細

掲載日:2021.02.06

分散登校以降の短縮授業・時間割について

現在、東京近郊の新規感染者数は少しずつ減少しておりますが、緊急事態宣言の延長を踏まえて、本校では、今後も引き続き感染防止対策を徹底していきたいと考えております。

一方で、中学、高校とも学年末考査が近づいておりますので、生徒の学習活動を守るために、できる限り授業時間の確保と対面での学習支援が必要であると考えております。

そこで、現在行っている「ハイブリッド型授業」を2月9日(火)までとし、2月12日(金)~27日(土)まで、感染防止策を徹底した上で一斉登校による短縮授業に移行いたします。

この期間の時間割は、平日は昼食を挟んだ1日6時間、土曜日は昼食なしの1日4時間の短縮授業(1授業時間40分)といたします。また、学年末考査前の学習支援も考慮し、放課後の最終下校時間を16:30といたします。詳細につきましては、以下のお知らせをご確認ください。

→ 分散登校以降の短縮授業・時間割について

保護者の皆様にはご心配をおかけしておりますが、生徒の健康と学習活動を守るために、引き続きご理解とご協力をよろしくお願いいたします。