学校・クラブNEWS 詳細

掲載日:2019.11.07

KSPが「かのや100チャレ」(会場:本郷中学・高等学校)に参加してきました!

「かのや100チャレ」は、鹿児島県の鹿屋市が抱える課題について、高校生が真剣に考え、解決策を提案し、それを発表し合う大会です。
会場には日本各地から10校の学校が集まり、それぞれの提案を発表しました。本校は、今年が初出場となります。

今年のテーマは「鹿屋市における農泊について」です。
本校から出場したチームは、「農泊事業とふるさと納税をmixする」というこれまでにない新しい企画や、「農泊の内容の質を高めることでリピーターを増やすとともに、知名度を上げる」ということを提案していました。
受賞とはならなかったものの、審査員の鹿屋市副市長からは「素晴らしい発表でした」、他校のチームからは「初出場とは思えない!」とのうれしいお言葉をいただきました。

結果発表後の懇親会では、鹿屋市の特産品をいただきながら、他校チームとの交流を深めました。

今回の経験を通して、SDGsについての学びをさらに深めることができたようです。

(ちなみに、京華中学高等学校は事務局賞、ならびに審査員特別賞を受賞しました!)