校長ブログ 詳細

掲載日:2022.03.13

梅の花

2月末から咲き始めていたグランドの一番奥の梅の花が、今日見たらほぼ満開で、とても綺麗でした!

この梅の花が咲くと、いよいよ今年度も終わるんだなぁ… という気持ちになります。

学校は、10日に答案返却日を終え、このあとの生徒達全員の登校日は終業式を残すのみとなりました。クラブ活動も感染防止対策を徹底しながら本格的にスタートしています。

令和3年度は、昨年度以上に新型コロナウイルスの感染状況の変化が激しく、短縮授業やオンライン授業、対面とオンラインのハイブリッド型の授業など、様々な対応を繰り返しながら厳しい状況を乗り越えてきました。そんな中、11月に中2、中3、高1の宿泊行事、3月に高2の伊勢志摩研修旅行が実施できたことは、生徒たちにとって大きな活力になったと思います。

現在、私たち教員は、年度末の成績処理、学年末考査を受験できなかった生徒の追試験、中学3年生の卒業証書授与式の準備、保護者会の資料作り、新年度の準備など、もっとも忙しい時期を迎えています。

それでも先生方に笑顔が見られるのは、数々の困難に耐え、生徒と一緒に乗り越えてきたことによる自信によるものだと思います。

京華の校章は梅の花です。梅の花は早春を告げる花であり、厳しい寒さに耐え、百花に先がけて開き、美しく優雅で気品と香気の高さは数多の花の中で際立っています。

清楚・忍耐・積極性・責任感・質実剛健などを象徴している「梅の心」が、京華のネバーダイ精神であり、いま、私たちはコロナ禍2年目を乗り越えて、あらためて生徒・教員の絆となっている「梅の心」を実感しています。

令和4年度も、なにがあっても前を向いて、明るく活力のある京華女子を貫いていきたいと思います。

NEVER  DIE!

 

京華女子Facebook