校長ブログ 詳細

掲載日:2020.05.30

WEB授業から「学校の新しい生活様式」へ

5月中旬から新しい時間割で本格スタートしたWEB朝礼・WEB授業も終わり、いよいよ6月から段階的に学校を再開することになります。

この2週間の先生方の頑張りは素晴らしかったですよ!

それぞれの先生が、様々な工夫をしたWEB授業を作り上げていましたが、だいたい1コマの授業を作るのに3~5時間くらいかけていたのではないでしょうか。想像以上にWEB授業は大変なのです。

 

また、WEB授業の時間割を同じ授業が重ならないように組み直し、Googleカレンダーに授業を組み込む作業も大変でした。時間割担当の先生方の努力に本当に感謝しています。

そして、いよいよ6月1日から学校が再開されます。

まずは、第一段階として、1クラスを2分割して午前部と午後部に分けた分散登校で、1日40分授業×3コマからスタートします。

分散登校でも、感染防止策を徹底し、学校内での三密状態を避けるのは大変です。様々なところで生徒たちにはルールを守ってもらわなければなりません。休み時間にトイレに行くだけでも密になりやすいですから、マーキングされた場所に立ってソーシャルディスタンスを守って並ぶことになります。

始業式の日に、「学校の新しい生活様式」についてのプリントを配ります。今はコロナとの共存の段階(ウィズコロナ)ですから、一定の制限がある中での学校生活になりますが、生徒たちにはその制限を自然に受入れながら学校生活を楽しんでもらいたいと思います。

「学校の新しい生活様式」について

また、学校再開後も部分的にWEB授業も併用していくこともあります。

学力を着実に身につけるために、これからも一緒にがんばりましょう!